お葬式参列マナーガイド

通夜・葬儀・告別式でのマナーガイド。

香典の金額の相場[自分の年齢と故人との関係性による参考額の一覧]

香典の金額の相場は自分の年齢と故人との関係性(親戚・職場・友人など)によって違ってきます。詳しくは下記の表をご覧ください。

亡くなった方が親族でなければ、一般的には3千円~5千円が妥当な金額となりますが、亡くなった方との関係の深さ、喪家(相手側の家)の格式、葬儀の規模、弔問客として参列する自分の経済力や社会的地位などによって、相場の金額より多めに包みます。

4千円や9千円など「死」や「苦」をイメージさせる金額は避けます。

スポンサーリンク

AdSense_レクタングル大

香典に包む金額の相場

相手が職場関係、友人・知人の場合の香典に包む金額の相場

自分と故人との関係 20代 30代 40代 50代
職場関係 5千円 5千円 5千円 5千円
勤務先社員の家族 3千円 5千円 5千円 5千円
取引先関係 5千円 5千円 5千円 5千円
友人・その家族 5千円 5千円 5千円 5千円
隣人・近所 3千円 5千円 5千円 5千円
その他 3千円 5千円 5千円 5千円

相手が親族の場合の香典に包む金額の相場

自分と故人との関係 20代 30代 40代 50代
祖父母 1万円 1万円 1万円 1万円
10万円 10万円 5万円 10万円
兄弟姉妹 5万円 5万円 5万円
おじ・おば 1万円 1万円 1万円 1万円
上記以外の親戚 5千円 5千円 1万円 1万円

全日本冠婚葬祭互助協会「香典に関するアンケート(平成23年度)」より
※表の金額はアンケートの回答の中で最も多かった金額です。
※「-」は、該当するサンプルが得られなかったか又は僅少のため、集計していません。

香典を用意するお金がない時には

結婚式とは違い、訃報はとつぜんやってきます。
香典費用はもちろん、遠方の場合は交通費なども必要になってくることもありますが、急なお通夜・お葬式の連絡が来た時に、給料日前などでたまたま手元にお金が無いといった場合もあると思います。

家族であれば事情を話せば貸してくれると思いますが、親にお金のことで心配はかけたくないし、友人や同僚にお金を借りるのは気が引けるものです。

お世話になった人のお葬式に、たまたま手元にお金がないからといって欠席するのは悲しいものですし、お金の貸し借りで人間関係を悪くしたくもありません。

そういった場合はキャッシングサービスを利用するのもひとつの方法です。
キャッシングサービス大手のプロミスでは即日振込に対応しているので、急なお葬式でもすぐに借りることができます。
また、30日間無利息のサービスもあるので、次の給料日に返す見込みがあれば大変便利に利用できるサービスです。

香典に関連する情報